株式会社 日本ティーキャムの小水力発電事業

 小水力発電とは

 小水力発電とは一般に1,000KWから10,000KW以下の水力発電をさします。 河川をせき止めて貯水する方式の大規模ダムや調整池による中規模ダムと違い、 河川の水を貯めることなく川の高低差と流量をそのまま利用して発電する方式です。

小水力発電は再生可能エネルギーで、かつ発電過程でCO2を排出せず、 地球温暖化問題及びエネルギー問題の解決に貢献する技術です。 また小水力発電は地域密着型で、発電された電気は地域で使われため地域のための発電といえます。 これまで国内では小水力発電があまり知られていませんでしたが、再生エネルギーとして 脚光を浴び、今後大きく成長が期待されています。

大規模ダムによる発電
 日本ティーキャムの電力システムと小水力発電事業

 株式会社 日本ティーキャムはこれまで電力システムの開発で「ダムの発電用取水量・下流河川放流監視制御システム」、 「水車発電機試験装置システム」、「発電所制御監視システム」など多くの実績を残してきました。

 この技術を小水力発電に活用し、これまで山梨県の小水力発電所における遠方監視制御システムを開発しました。  現在岐阜県、秋田県で建設中の小水力発電所の遠方監視・制御システムを受注し、開発を進めています。 その他に数ヶ所の小水力発電の計画を持っています。
 また海外の発電所建設計画が日本政府と当事国の間で進められ、この事業に日本ティーキャムの参加を予定しています。

小水力発電は川の高低差と流量だけを利用して発電
 株式会社 日本ティーキャムはクリーンな環境の実現と地域の皆様の発展を共に目指します。


 小水力発電は「新エネルギーの利用などの促進に関する特別措置法」により、「新エネルギー」に認定 されています。
©Copyright 1995-2012 JTcam, All rights reserved