MESSAGE ごあいさつ

TOP  >  企業情報  >  ごあいさつ
人々の創造活動の可能性を
最大化するために。
人々の創造活動の可能性を最大化するために。

株式会社サードウェーブ  代表取締役社長
尾崎 健介

創業から35年、
IT環境の大きな変化をリードし
ICTの総合企業に成長

私たちサードウェーブグループは、人々の創造活動を支えるITを提供しています。人は新しい価値を生み出す力を持っています。その人の持っている創造的な可能性を最大化するために必要なIT環境を提供することが、我々の存在意義です。
当社はIT黎明期の1984年に設立されました。秋葉原にパソコンショップ「DOS/Vパラダイス」(現在のドスパラ)を出店した当初は、パーツを組み立てて自分のパソコンをつくる一般のお客様向けに、日本国内にはない最新技術を搭載した海外メーカーのパーツを輸入し、販売することから事業をスタートしました。まもなくして、一般的なPCでは叶えられない構成のパソコンを、お客様のご要望に応じて製造販売するオーダーメイドパソコンのBTO※1ビジネスを開始しました。以来、PCゲームユーザー、CGクリエイター、ミュージシャン、学術機関の研究者、企業の技術者など、膨大なデータを高速・高精細に処理・編集できるパソコン、ワークステーション、サーバーといった最先端のPC環境を求めるユーザーに対して、それぞれの利用シーンに最適化したIT製品を提供し続けています。さらに今では、お客様の多様なご要望にトータルでお応えするために、ハードウェアの製造販売だけでなく、高性能パソコンのレンタルサービス、オンサイトサポートサービス、VRコンテンツの開発、システムインテグレーションサービス、BPO※2サービスなどを展開しています。
創業から35年が経った今、サードウェーブグループは6社に拡大し、パソコンの製造、販売、物流、システム開発、サービス開発を基盤としたICT総合企業に成長しました。この成長をさらに加速させるべく、ITにまつわる「ハード・ソフト・サービス」を一貫して提供することに力を入れています。

※1 Build to Order : 受注生産
※2 Business Process Outsourcing : 業務委託

eスポーツのエコシステム構築

当社はお客様の求める世界を実現するために、ITの枠を超えて、eスポーツ事業にも取り組んでいます。eスポーツプレイヤーの活躍の場を広げるために、2018年から始めた「全国高校eスポーツ選手権」の大会企画においては、初年度にも関わらず約100校の高校生が参加しました。このほか、本格的なeスポーツイベントを開催するための設備を完備したesports施設「LFS(ルフス)池袋 esports Arena」を日本で初めてオープンしました。このように、ユーザーに直接製品を提供するだけではなく、ユーザーが活躍できる場をさらに広げるために、エコシステム(社会環境)の構築にも力を入れています。

企業理念をグループ共通の
価値観として
社会の進歩・発展に貢献

サードウェーブグループは、「人をつくり 価値を生み出し 社会に貢献する事業を行う」ことを企業理念に掲げています。私たちの事業は、社会に貢献できるものであらねばならないと考えています。世の中で求められる商品やサービスを提供し、様々な課題を解決することによって、社会に貢献します。加えて、私たちの事業は、価値を生み出すものでなくてはなりません。価値ある事業によって社会に貢献するとともに利益を創出し、創出した利益をさらなる社会貢献のために投資します。そして目的を正しく持ち、意欲を燃やし、ひたむきに努力し続けることによって心と能力を磨き、人としての成長を目指します。
サードウェーブグループが100年後も社会に必要とされる企業になるために、今後も様々な事業に挑戦します。私たちは世の中で起こり続ける変化に適応するに留まらず、時には変化を創り出すために、私たち自身も変わり続けます。そして、いかなる変化があっても、心をひとつにするための共通の価値観を持つことを大切にしていきます。
私たちはこの企業理念のもと、サードウェーブグループ一丸となって世の中の進歩・発展に貢献し続けてまいります。

株式会社サードウェーブ  代表取締役社長
尾崎 健介

サードウェーブグループのミッション 人々の創造活動の可能性を最大化する