e-SPORTS eスポーツ事業

TOP  >  事業紹介  >  eスポーツ事業

eスポーツを
新しい文化として
育み発展させるために

eスポーツは、年齢や性別による体力差や身体的なハンデキャップによる垣根が低く、多くの人が参加できるスポーツです。判断力・精神力・技術力、そして団体戦においてはチームワークやコミュニケーション力。こういったさまざまな能力を磨きながら、さらなる高みに挑戦する選手たちを、サードウェーブグループは応援しています。オーディエンスとともに興奮し、感動を分かち合い、敗れた時には悔しさを噛みしめる。そして精一杯戦った選手をお互いにリスペクトする。新しい時代の競技であるeスポーツを文化として発展させていくために、専用競技場の設立や大会開催・運営で、eスポーツの発展に貢献します。

eスポーツ施設
「LFS池袋 esports Arena」

eスポーツを日本の文化にするための環境づくりの一環として、2018年、常設のeスポーツ施設「LFS(ルフス) 池袋 esports Arena」を設立しました。施設の名称である「LFS」は「Looking For Squad= 一緒にやろうぜ!」という意味を表しています。ゲーミングPC GALLERIA GAMEMASTERが100台設置され、一人でも複数名でも気軽にeスポーツを楽しめます。eスポーツ大会開催を前提とした防音仕様のボックス型選手席や配信設備などを兼ね備えており、日々、多くのイベントを実施しています。この施設はサードウェーブグループのイベント事業を担う株式会社E5 esports Worksが運営しており、企画から運営までワンストップでeスポーツのイベントや大会開催をサポートします。

LFS(ルフス)店内 LFS(ルフス)店内
LFSロゴ LFSロゴ

GALLERIA GAMEMASTERCUP (GGC)

世界を目指すeスポーツプレイヤーの育成支援を目的に、世界大会への登竜門として2017年に初めて開催しました。2018年の優勝チームはアジア大会と世界大会に出場し、「世界に繋がるeスポーツ大会」として認知されています。

GALLERIA GAMEMASTERCUP

企業・団体との
アライアンスで
エコシステム構築を
推進していきます

eスポーツが文化として定着するには、他のメジャーなスポーツと同じように、コーチや監督、クラブ、競技場や観客、スポンサー、練習施設、広報や放送といったマスメディア活用など、エコシステム(社会環境)構築が不可欠です。当社グループは、企業や公共団体をはじめとしたパートナーと協力しながら、エコシステム構築に貢献します。

「全国高校eスポーツ選手権」
~eスポーツを日本の新しい文化に~

これまでに数々のスポーツ、芸術、文化の普及・発展を支えてきた毎日新聞社と共催で、2018年、日本全国の高校生を対象にした「第1回全国高校eスポーツ選手権」を開催しました。eスポーツを楽しむ高校生を応援しながら、多くの方々に「挑戦」と「感動」を届け、全世界で巻き起こっているeスポーツのムーブメントを日本にも広めていきます。

第1回全国高校eスポーツ選手権 ポスター 第1回全国高校eスポーツ選手権 ポスター

「eスポーツ部発足
支援プログラム」

「第1回全国高校eスポーツ選手権」の開催にあわせて、当社のゲーミングPC「GALLERIA GAMEMASTER」5台を先着100校に対して3年間無償レンタルする取り組みを開始しました。株式会社サードウェーブレンタルが持つハイエンドパソコンのレンタル機能を活用し、全国の高等学校で「eスポーツ部」発足を支援していきます。

札幌新陽高等学校e-sports研究部の皆様 札幌新陽高等学校e-sports研究部の皆様

サードウェーブグループのゲーミングPCが、
JeSU公認PCとして採用されています。

多くのお客様からの高い信頼性を誇る
「GALLERIA GAMEMASTER」が、一般社団法人日本eスポーツ
連合(JeSU)に初めて公式認定されました。JeSUが主催する
すべてのPCゲームタイトルのeスポーツ大会で使用されています。 

サードウェーブグループのゲーミングPCが、JeSU公認PCとして採用されています。